令和6年能登半島地震 TMAT災害医療活動報告

2024年2月13日 7:00

第42報

2月12日

8:00

TMATチーム内ミーティング

9:00

ふれあい健康センター内ミーティング
館内の清掃を実施

9:30頃

撤収部隊メンバーが決まり金沢駅を出発
TMAT撤収に向けて資機材や車両を回収する。
メンバーは以下5名


 撤収部隊
 TMAT事務局 長 野口幸洋(NPO法人TMAT/一般社団法人徳洲会)
 救急救命士 山田展大(神戸徳洲会病院)
 救急救命士 東恵汰(神戸徳洲会病院)
 救急救命士 小林聖周(神戸徳洲会病院)
 救急救命士 笹本雅志(神戸徳洲会病院)

※東救急救命士、小林救急救命士は先遣隊第4班、山田救急救命士は本隊第7陣として活動

10:00

佐野看護師、玉城看護師、渡邉看護師は都庁からの応援者へ感染防御策(PPEの着脱法や清拭消毒方法等)について指導
定時ラジオ体操を実施

11:00

薬剤師会とTMAT撤収後の対応についてミーティング

12:00

撤収部隊がふれあい健康センターへ到着

12:30

輪島市保健医療調整本部及び輪島地区医療調整会議に出席
撤収挨拶のため調整本部長・輪島市担当者へTMATの活動報告書を提出
また、輪島市担当者へはTMATが今回診療した災害診療記録も提出。

13:00頃

臨時福祉避難所の避難者を1名搬送し、輪島市周辺を巡回視察
また、現地の状況が変化していく中で支援のあり方を輪島市と保健医療福祉調整本部と協議し、引き続きTMATとしても支援に協力することを確認した

14:00

野口事務局長、村上看護師はふれあい健康センターの臨時福祉避難所の避難者を受け入れてくれた地元介護老人保健施設百寿苑へ挨拶訪問

15:00

定時ラジオ体操と、2、3階の避難者へ個別体操を指導

16:00

ふれあい健康センター内ミーティング

18:00

TMAT内ミーティング
本隊第8陣、撤収部隊の顔合わせ

明日の予定
・施設内の清掃
・昨日より作成していた感染症対応フローチャートの提出
・朝10時に臨時福祉避難所の避難者1名を搬送
・四街道救急車は資機材を載せて山田救急救命士、東救急救命士、石合理学療法士は朝5時30分に四街道徳洲会病院に向けて出発予定
・TMATは昼頃に完全撤収予定



 

2月3日をもちまして、令和6年能登半島地震 TMAT支援活動のクラウドファンディングの募集を終了しました。多くのご支援ご協力をいただき誠にありがとうございました。
TMATは2月以降も輪島市で支援を継続しています。引き続き支援のご協力をお願いしております。

TMAT 令和6年能登半島地震被害支援への寄付ページ

 

事務局担当
野口 幸洋(NPO法人TMAT 事務局長 一般社団法人徳洲会東京本部)
阪木 志帆(NPO法人TMAT 一般社団法人徳洲会東京本部)

文責 事務局 野口 幸洋

【令和6年能登半島地震】活動報告第42報PDF